【2022最新】ランニングマシンの選び方とおすすめ10商品を紹介!静かで安い人気ルームランナーは?

【2022最新】ランニングマシンの選び方とおすすめ10商品を紹介!静かで安い人気ルームランナーは?

\すぐにおすすめを見たい方はこちら!/
ランニングマシンのおすすめランキング

「雨の日もジョギングやランニングがしたい…」
「ダイエットのためにランニングマシンが欲しい…」

と考えてはいませんか?

ランニングマシンがあれば、自宅でいつでもジョギングやランニングができて便利です。

しかし、高い買い物になるので絶対に後悔したくないですよね。

そこで今回では、

  • ランニングマシンの選び方
  • おすすめのランニングマシン10選
  • ランニングマシンに関する様々なQ&A

を紹介していきます。

ランニングマシン選びで迷ったらまずはこの記事をご覧ください!

*「ルームランナー」「トレッドミル」「ランニングマシン」と言うこともありますが、この記事では統一してランニングマシンと言います。

この記事を書いた人

林ケイスケ

uFit代表トレーナー

Youtubeチャンネル登録22万越え。自重トレーニングのメニューをはじめ、筋トレやダイエットの知識について執筆。フィットネスを通じて健康に目を向けてもらえるようトレーニング動画や記事を発信しています。

ランニングマシンの失敗しない選び方

ランニングマシンの選び方

ランニングマシンは安いもので1万円程度、高いものでは10万円近くするので、絶対に失敗したくない買い物です。

選ぶポイントを見て、購入する際の参考にしてください。

最初に断言しておくと、安いランニングマシンは「安物買いの銭失い」になるのでおすすめしません。

少し高くても、しっかりトレーニングできるランニングマシンを選びましょう

1.サイズ&折りたたみの有無で選ぶ

1.サイズ&折りたたみの有無で選ぶ

自宅に置くランニングマシンを選ぶ上で、最も大切なのがランニングマシン本体のサイズです。

どんなに性能の高いマシンでも、置くスペースを確保できなければ意味がありません。

そこまで広いスペースはない…という方は折りたたみができるマシンを選びましょう。

2.走行ベルトのサイズで選ぶ

2.走行ベルトのサイズで選ぶ

家庭用に作られたランニングマシンは、スペースを考慮してコンパクトに作られています。

走行ベルトが狭すぎると走りづらいので「買ったのに結局使わない…」ということもよくあります。

絶対に必要な走行ベルトのサイズ
  • 長さ:115〜120cm
  • 幅:40〜45cm

長さに関しては「自分の歩幅+10cm程度」が目安。歩幅はジョギングをするのかランニングをするのかで変わってきますが、長さは120cmあれば十分です。

ランニングマシンで転倒する人の多くは、ベルトから足がはみ出してしまうか足と足が絡まってしまうかのどちらかです。

安全に走るためにも走行ベルトの幅は40cm以上のものを選びましょう。

3.連続走行時間で選ぶ

3.連続走行時間で選ぶ

家庭用ランニングマシンには「連続走行時間」というものがあります。

比較的モーターが小さくマシンの耐久性が低いため、15分・30分・60分・99分などのように制限時間が設けられています。

おすすめは60分以上の連続走行時間のランニングマシンです

30分もあれば十分…と考えている方でも、60分以上のマシンを選んでおけば失敗がありませんよ。

4.最高速度で選ぶ

4.最高速度で選ぶ

走るスピードは人それぞれですので、以下のスピードを目安に選びましょう。
  • ウォーキング:5〜6km/h
  • 軽いジョギング:8〜10km/h
  • 本格的なランニング:12〜15km/h
  • ダッシュ:20km/h以上

基本的には10km/hあれば家庭用ランニングマシンとしては十分な性能です。

18km/h出るマシンになると、価格も高くなるので、お財布と相談して購入するか決めてくださいね。

慣れてくると走る速度は上がってくるので、最高速度は高めのものを選びましょう

5.傾斜設定ができるものを選ぶ

5.傾斜設定ができるものを選ぶ

傾斜をつけることで負荷をあげることができるので、傾斜設定ができるランニングマシンを選ぶのがおすすめ。

傾斜角度を調整することで鍛えにくい筋肉を鍛えることもできるので、本格的なトレーニングをしたい人は必ず傾斜設定ができるランニングマシンを選びましょう。

6.静かな商品を選ぶ

マンションなどの集合住宅で使用するとなると、防音対策が必須になります。

メーカーによって静かさにこだわった商品もあるので、必ず確認するようにしましょう。

また、どんなに高性能なランニングマシンでも振動で音が出てしまうので、マットを下に敷くようにしましょう。

ランニングマシンの下に敷くマットのおすすめはこちら!

マットは防音効果があります!また、床を傷つける心配がありません。滑り止めの効果もあるので、ランニングマシンがガタガタせず安全にトレーニングすることができます。

チンニングスタンの下に敷くマット

ランニングマシンのおすすめランキング

上記で紹介した選び方をもとに、おすすめのランニングマシンを紹介していきます。お気に入りの1つを見つけてくださいね。

1.ALINCO(アルインコ)「ルームランナーAFR1119A」

AFR1119A

高品質かつ低価格のコストパフォーマンスの高さが魅力のALINCO(アルインコ)「ルームランナーAFR1119A」。

本格的なランニングマシンの中では価格が抑えられており、折り畳み収納もできる上に静かなので部屋においても邪魔になりにくです。

また、脂肪燃焼・脚力強化・体力増進など目的や運動能力に応じた12種類のプログラムが搭載されており、自分にあった使い方ができます。

ドリンクホルダーやタブレットトレーがついているので、周りにテーブルなどを置かなくても長時間のランニングが可能です。

本体のサイズ 縦143cm×横67cm×高さ121cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ110cm×横40cm
連続走行時間 90分
最高速度 10km/h
傾斜設定の有無 有(3段階)
参考価格 43,990円

2.Horizon(ホライズン)「ルームランナーCitta T82」

2.Horizon(ホライズン) ルームランナーCitta T82

電動の傾斜機能やLEDディスプレイが搭載されたハイスペックなランニングマシンです。

速度と傾斜はワンタッチで調節が可能で走行中の操作性も高くなっています。

また、IdealZoneクッションシステムが衝撃や音を吸収してくれて静かに使用できるため、マンションでも騒音や振動などの近所迷惑も心配ありません。

BMI計算機能付きで、肥満度のチェックをすることもできます。値段が高くても、機能面が充実したランニングマシンが欲しいという方におすすめです。

本体のサイズ

縦182cm×横89cm×高さ138cm

折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ140cm×横49.5cm
連続走行時間 99分
最高速度 18km/h
傾斜設定の有無 有(20段階)
参考価格 198,000円

3.RHYTHM FUN「ルームランナー」

RHYTHM FUN ルームランナー

洗練されたデザインでお部屋の雰囲気を損なわないランニングマシンとしておすすめなのがRHYTHM FUNの「ルームランナー」

本体の厚さは12.5cmに抑えられており、ソファーやベッドの下にもすっきり収納することができます。

また、本体の重量は29kgとランニングマシンのなかではかなり軽量。キャスター付きで移動も簡単です。

手すりがないので高齢者の方や、リハビリ中の方には危険です。

本体のサイズ 縦150cm×横62cm×高さ12.5cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ120cm×横45cm
連続走行時間 99分
最高速度 6km/h
傾斜設定の有無
参考価格 37,399円

4.BARWING(バーウィング)「 電動ルームランナー」

4.BARWING(バーウィング) 電動ルームランナー

ボード部分の厚さが4.3cmと薄く、より地面に近い走り心地を実現しているBARWING(バーウィング)の「電動ルームランナー」

ボード部分には特殊な素材を使用しており、薄さを実現しながらも耐久性は十分です。

また、本体にスピーカーが搭載されており、専用のコードを繋ぐことで本体から音楽を聞くこともできます。

静音性に関しては若干弱いので、静かなタイプのものが欲しい方にはおすすめできません。

本体のサイズ 縦139cm×横61cm×高さ107cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ110cm×横39cm
連続走行時間 45分
最高速度 12km/h
傾斜設定の有無
参考価格 29,800円

5.リーボック(Reebok) JET100

6.リーボック(Reebok) JET100

がっちりとした作りで自宅で本格的なトレーニングが可能なReebok(リーボック)の「JET100」」。

2.0馬力の高出力モーターを搭載することで、優れた耐久性が実現されています。

また、ボード部分はラバー&エアークッションテクノロジーの組み合わせで、走行時の優れた吸収力と静かさを兼備。

かなり大きめなので、自宅に十分なスペースがない方にはおすすめできません。

本体のサイズ 縦171cm×横78cm×高さ139cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ130cm×横43cm
連続走行時間 60分
最高速度 16kkm/h
傾斜設定の有無
参考価格 179,314円〜

6.BTM 電動ルームランナー

7.BTM 電動ルームランナー

高い耐久性を低価格で実現しているのがBTMの「電動ルームランナー」。

耐荷重100kg、最高速度16キロでありながら、かなり静かで価格は36,800円に抑えられています。また、365日間の保証付きで安心です。

折り畳み機能や傾斜設定機能など、12種類のダイエットプログラムが搭載されているので自宅で痩せたい人にぴったりです。

本体のサイズ 縦134cm×横63.5cm×高さ116cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ113cm×横41.5cm
連続走行時間 60分
最高速度 12km/h
傾斜設定の有無
参考価格 30,800円

7.PURE RISE(ピュアライズ) 電動ルームランナー

PURE RISE

価格が17,200円と低価格が魅力のPURE RISE(ピュアライズ)「電動ルームランナー」

傾斜調節機能や緊急停止機能など必要な機能を備えた上で、価格が抑えられています。

また、カラーバリエーションが豊富で、ブラック・オレンジ・ピンク・ブルー・グレーの5色から選ぶことができます。

価格なり機能なので静かではなく、騒音トラブルになる可能性があるのでマンションなどでの使用は控えましょう。

本体のサイズ 縦104cm×横42cm×高さ113cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ80cm×横27cm
連続走行時間 30分
最高速度 8km/h
傾斜設定の有無
参考価格 17,200円

8.ダイコー(DAIKOU) ランニングマシン

9.ダイコー(DAIKOU) ランニングマシン

大きすぎないサイズ感で使い勝手がいいのがダイコー(DAIKOU)の「ランニングマシン」

連続走行時間が60分で、最高速度が16キロと耐久性も十分です。

amazonの口コミで軽くて音も静かという声が多く、評価が高いランニングマシンです。

デザインがチープなので、自宅におくと異彩を放ってしまうかもしれません。

本体のサイズ 縦154cm×横70cm×高さ124cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ120cm×横40cm
連続走行時間 60分
最高速度 16km/h
傾斜設定の有無
参考価格 78,840円

9.YouTen(ユーテン) 電動ルームランナー

10.YouTen(ユーテン) 電動ルームランナー

本体のコンパクトさが特徴のYouTen(ユーテン)の「電動ルームランナー」。

折りたたむと、幅が24cmまで小さくすることができるので置き場所に困りません。

最高速度が8kmまでなので、ウォーキングや軽いジョギングに最適です。

カラーバリエーションが全6色と豊富になっているので、自分の好みやお部屋のインテリアに合わせたカラーを選ぶことができます。

本体のサイズ 縦105cm×横61cm×高さ114cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 長さ80cm×横27cm
連続走行時間 60分
最高速度 8km/h
傾斜設定の有無
参考価格 18,800円

10.アルインコ(ALINCO) 電動ウォーカー

アルインコ(ALINCO) ウォーキングマシン 電動ウォーカー

ウォーキングに特化したアルインコ(ALINCO)の「電動ウォーカー」

ハンドルがロングタイプなので体力に自信がない人や高齢者の方、リハビリ中の方におすすめです。

最高速度が6kmまでなので、誤って速度を早めてしまうなどの誤操作による事故を防ぐことができます。

折り畳みも簡単にできるので、インテリアの邪魔になりません。

本体のサイズ 縦101cm×横61cm×高さ135cm
折りたたみの有無
走行ベルトのサイズ 幅34.5×100cm
連続走行時間 -
最高速度 6km/h
傾斜設定の有無
参考価格 55,460円

ランニングマシンに関するQ&A

ランニングマシンに関するQ&A

ランニングマシンに関してよくある疑問を、Q&A形式で答えていきます!

Q1:ランニングマシンはアパートやマンションでも使えますか?

A:使用できます。しかし、必ず振動対策を行うようにしましょう。

ランニングマシンは、種類を問わず多少なりとも振動します。ランニングマシンの騒音が近隣トラブルに繋がることもあるので、自宅で使う場合にはきちんと振動対策をしましょう

ランニングマシンの下に敷くマットのおすすめはこちら!

マットは防音効果があります!また、床を傷つける心配がありません。滑り止めの効果もあるので、ランニングマシンがガタガタせず安全にトレーニングすることができます。

チンニングスタンの下に敷くマット

Q2:路面を走るより衝撃は少ないですか?

A:衝撃緩和システムで膝や腰にかかる衝撃を減らすことができます。

ランニングマシンは、コンクリートなどと比べて衝撃の吸収性が高いので、膝への負担を減らすことができます。

逆に地面との接地感の違いが気になる方は、衝撃の強さを調節できるマシンもあるのでそちらを選びましょう。

Q3:ランニングマシンとエアロバイクならどちらがおすすめですか?

A:自分の体に適した方を選びましょう!

ランニングは膝や腰に負担がかかるので、痛めてしまうリスクがあります。

一方でエアロバイクは関節への負担は少ないですが、長時間の姿勢維持で上半身が固まり、肩や首にコリを感じてしまうことがあります。

どちらもメリットやデメリットはあるので、自分が運動しやすいと感じる方を選びましょう。

【参考】エアロバイクが気になる人はコチラ!

Q4:靴は履いた方がいいですか?

A:必ずランニングシューズを履いて走るようにしましょう。

ランニング初心者の方はカカトから地面につきやすく、裸足で走ることでカカトを痛めることが多いです。

ランニングシューズを履く目的は摩擦によるやけどを避けることと足への衝撃を緩和する目的があります。

また、滑り止めには凹凸があるので、裸足で走ると摩擦でやけどする危険性があります。

Q5:テレビモニター付きのランニングマシンはありますか?

A:セット販売はありません。タブレットトレーがついているマシンはあります。

ジムでよく見かけるテレビがついたランニングマシンですが、セット販売されているものは基本的にありません。

ランニングマシンで効果的に痩せる方法

1.ランニングと一緒に筋トレも取り組む

「毎日、ランニングしてるのになかなか痩せられない...」という悩みをお持ちではありませんか?

実は、ランニングのみの運動習慣だと痩せるまでにかなり時間がかかってしまいます。最短で痩せるためには、ランニングだけを行うのではなく、筋トレも一緒に行いましょう。

筋トレによって筋肉を増やすと、新陳代謝が上がりランニングによる消費カロリーが増える効果がありますよ!

【参考】体脂肪を燃焼させるオススメの筋トレを紹介!

2.運動を継続する

ランニングマシンを購入して「体重を1ヶ月で10kg落とす!」「短期間で痩せる!」のような高い目標を立てていませんか?

個人差がありますが、「脂肪が落ちて痩せてきた」と実感するまでには最短で2ヶ月か、それ以上かかることもあります

痩せるためには、毎日継続できるようにランニングや筋トレを楽しむことが1番効果的です。

【参考】筋トレが三日坊主にならない方法を解説!

3.食事管理を徹底する

最短で痩せるにはランニングや筋トレに加えて、毎日の食事管理がとても大切です。

炭水化物の量を抑えて、筋肉を増やすタンパク質の量を多くした食事を心がけましょう。

また、ビタミンB群は糖質や脂質を分解する効果があるので積極的に取るといいですよ!

【参考】痩せるための食事方法をもっと詳しく知る!

まとめ

今回は、ランニングマシンのおすすめをはじめ、選び方を紹介してきました。

ランニングマシンは雨の日でもジョギングやランニングができる優れものです。毎日運動したいという方は1台持っておくと重宝しますよ。

自宅のトレーニングを充実させて、健康的に痩せていきましょう!

【参考】内でできる脂肪を燃やす有酸素運動

【参考】皮下脂肪を落とすなら有酸素運動+筋トレがおすすめ!

【参考】自宅で使える筋トレアイテムまとめ