『uFit完全栄養食』はこちら

カゼインプロテインのおすすめランキング!夜寝る前に飲むプロテインの選び方を解説

カゼインプロテイン おすすめ

「プロテインを使い分けてタンパク質を効率よく吸収したい…」
「カゼインプロテインの選び方を知りたい…」

吸収速度が遅く、夜寝る前のタンパク質補給に最適なカゼインプロテイン

この記事では、

  • カゼインプロテインの選び方
  • おすすめのカゼインプロテイン10選
  • カゼインプロテインを飲むベストタイミング
  • ホエイ・ソイとの違い

を紹介します。

人気の高いカゼインプロテインの中から、お気に入りの1つを見つけてくださいね

カゼインとは何かについて知りたい方は、「カゼインプロテイン・ホエイプロテイン・ソイプロテインの違いは?」をご覧ください。

カゼインプロテインの選び方

カゼインプロテインの選び方

カゼインプロテインの選び方は、ホエイプロテインやソイプロテインの選び方と異なる部分があります

今までプロテインを購入したことがある方も要チェックですよ。

1.カゼインの種類で選ぶ

カゼインの種類で選ぶ

カゼインプロテインの原料には、主に以下の3種類があります。

  • カゼイネート
  • ミルクプロテイン
  • カゼインミセル

種類によって特徴が違うので、購入前に違いを確認しておましょう。

カゼイネート(カゼインカルシウム)
…やや吸収速度が早い
…飲み口がサラッとしており、カゼイン特有の風味が少ない
はじめてカゼインプロテインを飲む方におすすめ

 

ミルクプロテイン
…カゼインとホエイを8:2の割合で配合
…吸収速度の異なる2種類のプロテインを同時に摂取できる
ホエイとカゼインを飲み分けるのが面倒という方におすすめ

 

カゼインミセル
…最も吸収が遅い
…カゼイン特有の風味を感じやすく、ドロドロとしていてやや飲みづらい
カゼインプロテインを飲み慣れている方におすすめ

2.タンパク質含有量で選ぶ

カゼインプロテイン タンパク質含有量で選ぶ

タンパク質含有量の目安としては、1食当たり15〜30g

カゼインプロテインを飲む最大の目的はタンパク質を摂取することなので、必ずタンパク質の配合量をチェックしましょう。

また、「含有率」も要チェックタンパク質含有率が75%以上のカゼインプロテインがおすすめです

3.美味しさで選ぶ

カゼインプロテイン 美味しさで選ぶ

様々な味のカゼインプロテインが販売されていますが、中でもおすすめのフレーバーは以下の3つ。

  • チョコレート
  • ココア
  • バニラ

初めてカゼインプロテインを購入する方は、「無難な味」を選んでおきましょう

参考:とにかく美味しいプロテインの一覧(別ページ)

おすすめのカゼインプロテイン10選

ここからは、おすすめのカゼインプロテインをランキング形式で10個紹介します

先ほど紹介した選ぶ際のポイントを参考にしながら、自分好みのカゼインプロテインを見つけてくださいね。

1.ウイダー「マッスルフィットプロテイン」

ウイダー「マッスルフィットプロテイン」

ホエイプロテインとカゼインプロテインを同時に摂取することができるウイダーの「マッスルフィットプロテイン」。

プロテインだけでなくウイダー独自の成分であるEMRを配合。EMRはタンパク質の合成を促進する働きがあり、効率的な体作りをサポートしてくれます

カゼインプロテインとしては溶けやすくて美味しく、国産メーカーなので海外産に抵抗がある方にもおすすめですよ。

価格3,649円
内容量900g
タイプミルクプロテイン
タンパク質含有率75%
その他の成分EMR、グルタミン、BCAA
ココア、バニラ

2.バルクスポーツ「ビッグカゼイン」

バルクスポーツ「ビッグカゼイン」

カゼインプロテインの中では飲みやすいと評判のバルクスポーツ「ビッグカゼイン」。

くどくない甘さで、甘いのが苦手という方におすすめ。バルクスポーツのカゼインプロテインは続けられているという口コミが多く、カゼインプロテイン初心者の方におすすめです

また、味は

  • チョコレート
  • キャラメル
  • マンゴー

の3種類で、特にチョコレート味が人気です。

溶かすとややドロドロしますが、その分腹持ちもよくダイエットにも使えますよ。(参考:プロテインダイエットのやり方

価格3,244円
内容量1,000g
タイプカゼイネート
タンパク質含有率約76%
その他の成分BCAA、グルタミン
チョコレート、キャラメル、マンゴー

3.Myprotein「カゼイン ミセル パウダー」

Myprotein「カゼイン ミセル パウダー」

カゼインミセルをしようして体内でゆっくりと吸収されるのが特徴のMyprotein「カゼイン ミセルパウダー」。

タンパク質以外にも筋肉の分解を防ぐ効果があるBCAAが含まれており、就寝前の摂取に最適です

味は、

  • ノンフレーバー
  • チョコレート
  • ストロベリー
  • バニラ

の4種類。

カゼインプロテインは味のバリエーションが少ないメーカーが多いので、自分好みの味を選べるのもMyproteinがおすすめの理由です

価格3,498円
内容量1,000g
タイプカゼインミセル
タンパク質含有率80%
その他の成分BCAA
ノンフレーバー、チョコレート、ストロベリー、バニラ

4.オプティマムニュートリション「ゴールドスタンダート カゼインプロテイン」

オプティマムニュートリション「ゴールドスタンダート カゼインプロテイン」

甘みが強くカゼイン特有の風味を感じづらいことから、甘いもの好きの方に人気の「ゴールドスタンダート カゼインプロテイン」。

とにかく甘いので、規定の量より多い水で溶かしたり、アイスコーヒーなどで溶かすと飲みやすくなります

海外で大人気のメーカーから発売されており、多くの方に愛飲されているおすすめのカゼインプロテインです。

価格8,398円
内容量1,818g
タイプカゼインミセル
タンパク質含有率73%
その他の成分クッキーズ&クリーム
ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム 海外直送
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)

5.be LEGEND「カゼインプロテイン」

be LEGEND「カゼインプロテイン」

飲みやすさとサッパリ感にこだわって作られたbe LEGENDの「カゼインプロテイン」。

カゼイン独特の飲みにくさがかなり緩和されています。特に、イチゴミルク風味は人気があり、牛乳で溶かすとイチゴミルクを飲んでいる感覚に近いという声が続出しています

また、ホエイとカゼインが1:9の割合で配合されているため、トレーニング直後や就寝前などシーンを選ばずに飲むことができるおすすめのカゼインプロテインです。

価格4,880円
内容量1,000g
タイプミルクプロテイン
タンパク質含有率約74%
その他の成分
イチゴミルク風味 大人のミルクティー風味

6.ニチエー「ミセルカゼインプロテイン」

ニチエー「ミセルカゼインプロテイン」

独自の低温膜処理を施すことで、カゼインミセルの中でも吸収速度が遅くなっているニチエーの「ミセルカゼインプロテイン」。

タンパク質だけでなくアミノ酸が豊富に配合されており、体内で生み出すことができない必須アミノ酸をバランスよく摂取することができます。

砂糖・保存料・増粘剤を使用していないので、プロテインの人工的な甘さが苦手という方にもおすすめです。

価格3,672円
内容量1,000g
タイプカゼインミセル
タンパク質含有率87%
その他の成分グリシン、アルギニン
プレーン

7.PPN「730’CASEIN PROTEIN」

PPN「730'CASEIN PROTEIN」

業界最高レベルのタンパク質含有量を誇る高級カゼインを原材料に使用するPPNの「730’CASEIN PROTEIN」。

1食(30g)あたりのタンパク質量が24.72gと高い割合で含まれているだけでなく、脂質や炭水化物といった成分をできるだけ削ぎ落としてあり、減量をしたい方におすすめです

また、タンパク質の吸収効率を高めるビタミンが豊富に含まれていて、効率的な筋肥大をサポート。

値段は比較的高くなっていますが、とにかく高品質なものが欲しいという方にはおすすめです

価格2,880円
内容量300g
タイプ
タンパク質含有率約83%
その他の成分ビタミンB群、葉酸
リッチキャラメル

8.ゴールドジム「ホエイ&カゼインダブルプロテイン」

ゴールドジム「ホエイ&カゼインダブルプロテイン」

ホエイプロテインとカゼインプロテインを1:1の割合で配合し、長時間のタンパク質の吸収に最適なゴールドジムの「ホエイ&カゼインダブルプロテイン」。

配合されているカゼインプロテインは、カゼインミセルなので吸収速度が遅く腹持ちも良くなっています。

また、ホエイプロテインもゴールドジムのサプリメントのなかで最高品質のものを使用。これ1つあれば、複数のプロテインを飲み分ける必要はありません

価格5,180円
内容量900g
タイプカゼインミセル
タンパク質含有率
その他の成分ビタミンB群、ミネラル
バニラ風味

9.ALPRON「カゼインプロテイン100」

ALPRON「カゼインプロテイン100」

砂糖・保存料・増粘剤を使っておらず、余分な成分を取りたくない方におすすめのALPRON「カゼインプロテイン100」。

保存料や増粘剤を使用しないことで、風味や溶けやすさにはバラつきが有りますが、タンパク質含有量やアミノ酸スコアなどの品質には問題ありません。

カゼインが溶けやすくなるよう調整されており、一般的なカゼインプロテインよりもダマになりづらく、飲みやすくなっています。

価格3,687円
内容量1,000円
タイプ
タンパク質含有率80%
その他の成分
プレーン

10.SAVE「カゼイン&ホエイ」

SAVE「カゼイン&ホエイ」

タンパク質含有率の高さが特徴のSAVE「カゼイン&ホエイ」。

タンパク質含有率87%はカゼインプロテインの中ではかなり高い値になっています

また、ホエイプロテインとカゼインプロテインを8:2の割合で配合しており、就寝中や昼間の筋肉分解を抑制します。

また、他のカゼインプロテインに比べると価格が抑えられているのも魅力です。

価格2,999円
内容量1,000g
タイプ
タンパク質含有率87%
その他の成分
プレーン

おすすめのカゼインプロテイン(振り返り)

商品画像ウイダー「マッスルフィットプロテイン」バルクスポーツ「ビッグカゼイン」Myprotein「カゼイン ミセル パウダー」オプティマムニュートリション「ゴールドスタンダート カゼインプロテイン」be LEGEND「カゼインプロテイン」ニチエー「ミセルカゼインプロテイン」PPN「730'CASEIN PROTEIN」ゴールドジム「ホエイ&カゼインダブルプロテイン」ALPRON「カゼインプロテイン100」SAVE「カゼイン&ホエイ」
メーカーウイダーバルクスポーツMyproteinオプティマムニュートリションbe LEGENDニチエーPPNゴールドジムALPRONSAVE
商品名マッスルフィットプロテインビッグカゼインカゼイン ミセル パウダーゴールドスタンダート カゼインプロテインカゼインプロテインミセルカゼインプロテイン730’CASEIN PROTEINホエイ&カゼインダブルプロテインカゼインプロテイン100カゼイン&ホエイ
価格3,649円3,244円3,498円8,398円4,880円3,672円2,880円5,180円3,687円2,999円
内容量900g1,000g1,000g1,818g1,000g1,000g300g900g1,000円1,000g
タイプミルクプロテインカゼイネートカゼインミセルカゼインミセルミルクプロテインカゼインミセルカゼインミセル
タンパク質含有率75%約76%80%73%約74%87%約83%80%87%
その他の成分EMR、グルタミン、BCAABCAA、グルタミンBCAAクッキーズ&クリームグリシン、アルギニンビタミンB群、葉酸ビタミンB群、ミネラル
ココア、バニラチョコレート、キャラメル、マンゴーノンフレーバー、チョコレート、ストロベリー、バニライチゴミルク風味 大人のミルクティー風味プレーンリッチキャラメルバニラ風味プレーンプレーン
商品リンクAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見る

カゼインプロテインは味がイマイチなので、とにかく美味しいプロテインを飲みたい…という方は以下を参考に。

編集部で50以上のプロテインを実際に試飲し、とにかく美味しいプロテインをまとめています

【参考】毎日飲みたい美味しいプロテインTOP10!

毎日飲みたい美味しいプロテインTOP10!プロテインをできるだけ美味しく飲むコツも解説!毎日飲みたい美味しいプロテイン特集!プロテインをうまく飲むコツも解説

カゼインプロテインに関するQ&A

カゼインプロテインに関するQ&A

最後に、カゼインプロテインに関するよくある質問にお答えします

Q1:カゼインプロテインを飲む最適なタイミングはいつ?

A.就寝前が最適です。

プロテインを飲む最適なタイミングは以下の3つ。

  • 筋トレ直後
  • 就寝前
  • 朝食と一緒に

カゼインプロテインは吸収速度が遅いので、就寝前に飲んで寝ている間の栄養補給として活用するのがベストです

【参考】プロテインを飲む最適なタイミングを徹底解説

プロテインの飲み方と飲むタイミング。筋トレで効果的なプロテイン活用法を解説筋トレでプロテインを飲むタイミングは?飲む回数や効果的なプロテイン活用法を解説

【参考】プロテインを飲んで腹痛になる方は以下をチェック

プロテイン 下痢 腹痛ホエイ・ソイプロテインで腹痛や下痢になる原因。タンパク質の過剰摂取が腸内環境へ与える影響とは

Q2:カゼインプロテイン・ホエイプロテイン・ソイプロテインの違いは?

A.タンパク質のもととなる原材料が異なります。

まず、ホエイプロテインとカゼインプロテインは原料が牛乳です

ヨーグルトの上澄みにできる液体をホエイ(乳清)といい、このホエイに含まれるタンパク質から作っているのがホエイプロテインやカゼインプロテインです。

一方のソイプロテインは原料が大豆です。大豆のタンパク質部分だけを原材料として作られています。

さらに詳しく違いを知りたいという方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

【参考】プロテインの人気おすすめランキング

プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較プロテインのおすすめ人気ランキング!筋トレに最適なコスパ最強のプロテインを厳選して紹介

Q3:ホエイプロテインとカゼインプロテインで迷ったらどっちを買うべき?

A.まずはホエイプロテインを買いましょう。

カゼインプロテインは吸収速度が遅いので、筋トレ直後に飲むプロテインとしてはホエイプロテインの方がおすすめです。

また、カゼインプロテインはホエイプロテインを飲んでいてさらにタンパク質を効率よく摂取したい方が飲むべきものなので、最初に買うべきはホエイプロテインになります。

Q4:カゼインプロテインは美味しくないって本当?

A.ホエイプロテインに比べると飲みづらいです。

カゼインプロテインは、原材料が固形ということもあり、水分に溶けづらくドロドロしやすいです。

また、ホエイを飲みなれているとカゼインの独特の風味が気になるので、美味しくないと感じやすいです。

カゼインプロテインを飲む際は、プロテインシェイカーを使ってしっかりと混ぜるようにしましょう。

【参考】プロテインシェイカーのおすすめランキング

プロテインシェイカー おすすめプロテインシェイカーのおすすめ10選!シンプル&機能性抜群のシェイカーを紹介

まとめ:カゼインプロテインを活用しよう!

カゼインプロテインの選び方をはじめ、おすすめのカゼインプロテインをランキング形式で紹介してきました。

ホエイプロテインやソイプロテインとは違う特徴をもつカゼインプロテイン。使い分けて筋力アップに活かしましょう。

もう一度人気のカゼインプロテインを見たい方は、「おすすめのカゼインプロテイン10選」をご覧ください。

【参考】コスパが良い海外プロテインもおすすめ!

海外で人気のおすすめプロテインTOP10!アメリカの安くておいしいプロテインを徹底比較海外で人気のおすすめプロテインTOP10!アメリカの安くておいしいプロテインを徹底比較

【参考】プロテインの副作用について徹底解説

プロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめプロテインの副作用を徹底解説!飲み過ぎによる抜け毛、肝臓・腎臓などへの影響とは

【参考】筋トレ効果を上げるEAAサプリを徹底解説

EAAサプリとは?BCAAとの違いやコスパの良いおすすめEAAを紹介EAAサプリとは?BCAAとの違いやコスパの良いおすすめEAAを紹介

コメントを残す