『uFit完全栄養食』はこちら

フォームローラーのおすすめ8選!筋膜リリースで筋肉痛軽減&体のメンテナンスをしよう

フォームローラー 

今すぐにおすすめを見る!
おすすめのフォームローラー8選

“肩こり”や”腰痛”などの悩みを自宅で手軽に解消できる「フォームローラー」。

使ってみたいけど、「どれを選べばいいのか分からない…」という方は多いでしょう。

そこでこの記事では、

  • フォームローラーで得られる効果
  • フォームローラーの選び方
  • おすすめのフォームローラー
  • おすすめの電動フォームローラー
  • フォームローラーの使い方(動画付き)

について紹介します。

自分に合ったフォームローラーを見つけて、自宅で身体のコリや不調を改善しましょう!

フォームローラーで得られる3つの効果

フォームローラーで得られる3つの効果

フォームローラーは、手軽に身体のコリをほぐしてくれる円柱型のアイテム

凝り固まった部位に転がして血行を促進することで、筋肉の回復に必要な栄養素が体内を循環しやすくなり

  1. 肩こりや腰痛、むくみの解消
  2. 猫背など姿勢の改善
  3. 疲労回復

など、身体のコリや疲れを改善する効果を期待することができます。

そもそもの肩こりや腰痛の原因は、長時間同じ姿勢でいることによる「筋膜の引きつり」。

筋膜が引きつると筋肉が硬直して血流が悪くなり、コリやハリの原因となります

また、筋膜は第二の骨格とも呼ばれ全身を覆っているため、一部が引きつってしまうと連動して他の部位に支障をきたすことも

そこで、日頃からフォームローラーを使用し、筋膜が引きつっている部位をほぐすことで、肩こりや腰痛といった身体の不調の予防にも繋がりますよ

続いては、自分に合ったフォームローラーを選ぶポイントを紹介していきます。

◆フォームローラーは筋肉痛の軽減にも効果的!

 

フォームローラーを使うことで、筋肉痛を軽減することが科学的にも実証されています

 

筋肉痛を軽減するためにストレッチをしている方も多いですが、実はフォームローラーの方が筋肉痛の軽減効果が高いことが分かっています。

 

フォームローラーで筋肉をほぐすことで、溜まった疲労物質を流して身体を最高の状態に保つことができますよ。

 

参考文献:Foam Rolling and Muscle and Joint Proprioception After Exercise-Induced Muscle Damage.

フォームローラーの選び方

フォームローラーの選び方

フォームローラーを調べていると様々な種類があり、どれを選んでいいのか分からなくなってしまいますよね。

ここでは、自分に合ったフォームローラー選ぶためのポイントを3つ紹介します。

・フォームローラーを選ぶポイント

  1. 形状で選ぶ
  2. 耐久性で選ぶ
  3. 電動機能の有無で選ぶ

1.形状で選ぶ

フォームローラーの形状は、大きく分けて凸凹が大きいタイプと小さいタイプがあります。

凸凹の形状自体はデザインの違いでそれほど重要ではありませんが、突起の大きさには注意

突起が大きいものほど刺激が強くなるので、体型や体質によって以下のように使い分けることをおすすめします。

・突起が小さい(1cm以下)
>>初めて購入される方
>>刺激に弱い方
>>おすすめ:トリガーポイントフォームローラー


・突起が大きい(1cm以上)

>>筋肉質の方
>>身体の凝りがひどい方
>>おすすめ:TETOPフォームローラー

また、突起が低いものでも十分な刺激が伝わるので、初めてフォームローラーを購入される方は、突起の大きさが小さい製品を選ぶことをおすすめします

2.耐久性で選ぶ

耐久性で選ぶ

フォームローラーは毎日使うものなので、耐久性の高い商品を選ぶのがおすすめ

口コミなどを見ていると、すぐに壊れてしまったと言ったクレームも少なくありません。

耐久性が高い製品を選ぶコツとしては素材に注目!「EVA」などの耐久性の高い素材を使用しているか確認するようにしましょう。

なお、今回紹介している製品は耐久性の高い素材を使用しているものを中心に紹介しています。

3.電動機能の有無で選ぶ

電動機能の有無で選ぶ

フォームローラーには「電動タイプ」と「電動ではないタイプ(シンプルなフォームローラー)」の2種類があります。

電動フォームローラーは、電動ではないシンプルなのもに比べて高いストレッチ効果を期待することができますが、価格が高額です。

電動ではないシンプルなフォームローラーでも十分な効果を期待できるので、初めて購入される方は安いものを購入し、フォームローラーの良さを実感してみることをおすすめします

なお、次の項目ではおすすめのフォームローラーを紹介しますが、電動タイプが欲しい方は後半の「おすすめの電動フォームローラー3選」で紹介しているのでそちらを参考にしてください。

おすすめのフォームローラー8選

ここでは、肩こりや腰痛を改善したい方におすすめのフォームローラーを厳選して紹介します。

「フォームローラーを選ぶ3つのポイント」を踏まえたうえで、それぞれの製品の特徴について詳しく解説していくので、自分にぴったりのフォームローラーを見つけてくださいね!

1.トリガーポイント(TRIGGERPOINT) フォームローラー

トリガーポイント グリッド フォームローラー

マッサージセラピストによる手技の感覚を再現したフォームローラー「トリガーポイント(TRIGGERPOINT)」

肌触りが良く、手軽に持ち運べるコンパクトサイズで、業界では評価の高い商品です。

空洞となっている中心部は、体重負荷に強く、身体を安定させるABS樹脂構造。耐久性に優れ変形しにくいEVA素材を採用しているので、安心して使用することができます

初めて買う方だけでなく、買い替えを検討している方にもおすすめした商品です。

商品名トリガーポイント(TRIGGERPOINT)
価格5,500円
サイズ直径:14cm 長さ:33cm 重さ:604g
素材ABS樹脂(中芯部)、EVA素材(表面)
保証1年保証

2.TETOP(テートップ) フォームローラー

TETOP(テートップ) フォームローラー

表面の凹凸が特徴の「TETOP(テートップ) フォームローラー」

マッサージ療法士の指圧を再現しており、刺激が強めのフォームローラーをお探しの方におすすめの商品です。

また、耐荷重500kgと圧倒的な耐久性を誇っており、その自信から5年間の保証が付き。

水洗いも可能なので、長く清潔に使い続けることができますよ。

商品名トリガーポイント(TRIGGERPOINT)
価格1,599円
サイズ直径12.5cm 長さ32 cm 500 g
素材EVA素材
保証5年保証

3.LICLI フォームローラー

 

LICLI フォームローラー

用途に合わせた3種類の凸凹を備え、刺激の強さを調整できる「LICLI フォームローラー」

Amazanの売れ筋ランキングではベストセラーに輝く人気の商品。

迷彩柄に加えて、その他にも5色を展開!自分好みの色で気分を上げてストレッチすることができますよ。

商品名LICLI フォームローラー
価格2,200円
サイズ直径14 cm 長さ33 cm 970kg
素材EVA素材
保証

4.IUGA フォームローラー

IUGA フォームローラー

高級感のあるフォルムが人気の「IUGA フォームローラー」

3種類の突起で、手でマッサージする感覚を再現!

持ち運びに便利な専用の収納袋と、首や肩をもみほぐすのに効果的なマッサージローラーが付いてきます

安心の365日保証までついており、アフターサービスもばっちりです。

商品名IUGA フォームローラー
価格3,980円
サイズ直径14 cm 長さ33 cm 850g
素材EVA素材、PR素材
保証1年保証

5.IMPHY(インフィ) フォームローラー

IMPHY(インフィ) フォームローラー

流行りのカモ柄のデザインを採用するちょっとお洒落な「IMPHY(インフィ) フォームローラー」

アーミー、オパール、シトラス、ベリーの四色から選ぶことができます。また、最大荷重は290kgで耐久性も抜群です。

価格は4,300円程度と高めですが、こだわったものを買いたいという方におすすめです。

商品名IMPHY(インフィ) フォームローラー
価格4,370円
サイズ直径13cm、長さ33cm 536g
素材
保証

6.KOOLSEN グリッドフォームローラー

KOOLSEN グリッドフォームローラー

表面には弾力性があるEVA素材を使っており、300kgの体重に耐えられるように設計されている「KOOLSEN グリッドフォームローラー」

表面についている突起は2種類あり、指圧マッサージのような感覚で、自分の身体をほぐしていくことができます。

カラーバリエーションも10種類と豊富!きっと自分の好きなカラーを見つけることができますよ。

360日の品質保証がついているなど、アフターサービスもしっかりしているので安心です。

商品名KOOLSEN グリッドフォームローラー
価格1,899円
サイズ直径14 cm 長さ33 cm 875 kg
素材EVA素材
保証1年保証

7.Motomo フォームローラー

Motomo フォームローラー

突起の幅が大きく、頑固な凝りをほぐしたい方におすすめの「Motomo フォームローラー」

耐久性、耐水性、耐候性に優れたEVA材質を使用しているため、汚れに強く丈夫なのが特徴です。

丸ごと水洗いすることができるので衛生的。それでいて、重量は480gと軽いため持ち運びにも便利です。

カラーバリエーションはブラック、グリーン、ブルーなどの6色から選ぶことができますよ。

商品名Motomo
価格1,570円
サイズ直径:14cm 長さ:33cm 重さ:604g
素材ABS樹脂(中芯部)、EVA素材(表面)
保証

8.LAKUYO フォームローラー

LAKUYO フォームローラー

全8色のカラーバリエーションの豊富さが特徴の「LAKUYOのフォームローラー」

中空デザインを採用しており、寿命が長く変形しずらい作りになっています。価格も1,599円とお手頃価格なのはうれしいですね。

口コミでは、表面は硬めという声が多かったので、体のこっている箇所をゴリゴリとほぐしたいという方におすすめです。

商品名LAKUYO フォームローラー
価格1,599円
サイズ直径14 cm 長さ33 cm 850g
素材EVA
保証

フォームローラーのおすすめランキング(振り返り)

商品トリガーポイント グリッド フォームローラーTETOP(テートップ) フォームローラーLICLI フォームローラーIUGA フォームローラーIMPHY(インフィ) フォームローラーKOOLSEN グリッドフォームローラーMotomo フォームローラーLAKUYO フォームローラー
商品名トリガーポイント(TRIGGERPOINT)TETOP(テートップ) フォームローラーLICLI フォームローラーIUGA フォームローラーIMPHY(インフィ) フォームローラーKOOLSEN グリッドフォームローラーMotomoLAKUYO フォームローラー
価格5,500円1,599円2,200円3,980円4,370円1,899円1,570円1,599円
サイズ直径:14cm 長さ:33cm 重さ:604g直径12.5cm 長さ32 cm 500 g直径14 cm 長さ33 cm 970kg直径14 cm 長さ33 cm 850g直径13cm、長さ33cm 536g直径14 cm 長さ33 cm 875 kg直径:14cm 長さ:33cm 重さ:604g直径14 cm 長さ33 cm 850g
素材ABS樹脂(中芯部)、EVA素材(表面)EVA素材EVA素材EVA素材、PR素材EVA素材ABS樹脂(中芯部)、EVA素材(表面)EVA
商品リンクAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見るAmazonで見る楽天で見る

【参考】ストレッチポールのおすすめをお探しの方は以下を参考にしてください。

ストレッチポール おすすめ【2020年最新】ストレッチポールのおすすめ人気ランキング!効果的な使い方や選び方も合わせて紹介

おすすめの電動フォームローラー3選

ここでは、より効果的に凝りをほぐしてくれるおすすめの電動フォームローラーを紹介します。

それぞれの特徴を比較し、自分に合ったものを選んでくださいね!

1.STEADY(ステディ)  電動フォームローラー

steady

“5段階のパワー調節”、”2種類のリズム振動”と高性能ながら、1万円以下とコスパ最強の「STEADY(ステディ)  電動フォームローラー」。

バッテリーも最大6時間45分持つので、外出先でも充電切れの心配がありません。

また、1年以内に不具合があった場合には交換できるなど、サポートも充実!

持ち運びに便利な収納袋もついてくるのも嬉しいですね。

商品名STEADY(ステディ)  電動フォームローラー
価格9,980円
サイズ直径11.4 cm 長さ29cm 1.1kg
素材EVA
使用可能時間最大405分
保証1年保証

2.kizence(キーゼンス) 振動フォームローラー

 

振動フォームローラー

好みに合わせ、3段階で振動回数を調整できる「kizence(キーゼンス) 振動フォームローラー」

3分間に最大12,000回の振動をして、筋肉を効果的にほぐしていきます。

通常のフォームローラーでは届かない、奥深くの筋肉に刺激を与えることができるので、慢性的なコリに悩まされている人におすすめです

振動させなければ、通常のフォームローラーとしても使用することが可能です。通常のフォームローラーと比べると値段は高くなってしまいますが、値段以上に効果の高さを体感できますよ。

商品名kizence(キーゼンス) 振動フォームローラー
価格19,800円
サイズ直径14 cm 長さ32 cm 1.7kg
素材EVA
使用可能時間180分
保証

3.DOODOO フォームローラー 電動マッサージボール

 

doodoo

ピーナッツ型で体にフィットしやすい形状が特徴の「DOODOO フォームローラー 電動マッサージボール」

手のひらサイズで持ち運びやすく、オフィスやジムにも気軽に持っていくことができます

また、高品質なABS+高弾シリカゲ素材を使用しており、手触りが良く速乾性にも優れています。

値段も5,000円代と、電動フォームローラーにしてはお手頃ですよ!

商品名DOODOO フォームローラー 電動マッサージボール
価格5,733円
サイズ直径8.5 cm 長さ16cm 790g
素材ABS、高弾シリカゲ素材
使用可能時間180分
保証

フォームローラーの4つの使い方【動画付き】

ここからは、フォームローラーの使い方を動画付きで解説していきます

  • フォームローラーを購入したけど使い方が分からない
  • フォームローラーの使い方を理解してから購入したい

という方は参考にしてくださいね。

1.太もも&ハムストリングのストレッチ

フォームローラーの使い方1つ目は、太ももの裏側やハムストリングをほぐすストレッチ方法です

もも裏やハムストリングの柔軟性を高めることで、下半身だけでなく腰痛の痛みを軽減することができますよ。

ストレッチの詳しいやり方は、下の動画を参考にしてください。

「太もも&ハムストリング」のストレッチ:やり方
  1. フォームローラーの上に乗り、ハムストリングの付け根の部分を当て、逆側の足を軽く曲げる
  2. しっかりハムストリングを意識しながら、前後左右にフォームローラーを転がす
  3. 呼吸を止めないようにして、ハムストリングに体重をかける
  4. ほぐれたと思ったら、フォームローラーから降りて、ももの裏側を軽く伸ばす
  5. 左右の足を変えて、同じように行う
「太もも&ハムストリング」のストレッチ:コツ
  • ハムストリングの骨と筋肉の付け根の部分をほぐす
  • 硬い部分があったら、そこにフォームローラーを当て、足を左右に揺する
  • 呼吸を止めないようにする
  • 強くやりすぎない

ハムストリングをよく傷めてしまうという人は、ストレッチをしながら筋肉を鍛えていきましょう。

【参考】負荷の低い自重で鍛えるハムストリングの筋トレメニュー

下半身を鍛える5つのメリットハムストリングスの鍛え方。マシン筋トレ&自重筋トレ15選で太もも裏を鍛えよう

2.脚やせのための筋膜リリース

フォームローラーの使い方2つ目は、筋肉を刺激して脚やせもできる筋膜リリースです

筋膜リリースを行うと、筋肉が活性化してむくみが取れるので脚やせができます。(参考:脚やせスクワットの特集はこちら

下の動画を参考にしながら、実際に筋膜リリースを行ってみてください。

【参考】脚やせスクワットで下半身ダイエットをしよう

脚やせスクワット9種目を動画付きで紹介!有酸素運動になる自重スクワットでダイエットを成功させよう有酸素運動効果もある脚やせスクワット9種目を動画付きで紹介!スクワットで下半身の脂肪をスッキリさせよう

3.猫背改善エクササイズ

フォームローラーの使い方3つ目は、猫背を改善するエクササイズです

猫背を改善することで凛とした姿になりましょう!

「猫背改善エクササイズ」:やり方
  1. 仰向けに寝転がり、肩甲骨の下のあたりにフォームローラーを入れる
  2. お尻は地面につけた状態で膝を軽く曲げ、頭の後ろで手を組む
  3. 鼻から息を吸って、口から息を吐いて、10秒間ほぐす
  4. フォームローラーを5cmほど上にずらし、同じように10秒間呼吸をする
  5. 最初の位置の5cmほど下の部分にフォームローラーを当て、10秒間呼吸をする
「猫背改善エクササイズ」:コツ
  • 強く負荷をかけすぎない
  • 毎日コツコツ続ける
  • 呼吸は鼻から息を吸って、口から息を吐く
  • リラックスして行う

【参考】腰痛改善に効果的なストレッチ方法とは

腰痛にオススメのストレッチ&自重筋トレ8選!効果的なトレーニングで腰痛を予防・改善しよう自宅で手軽に腰痛を解消するストレッチ&自重筋トレ8選!ストレッチと筋トレを組み合わせるメリットも解説

【参考】猫背を直す筋トレ&ストレッチのやり方

猫背を治して姿勢を良くする筋トレ8選!自宅で簡単にできる猫背の改善方法を紹介姿勢を良くする筋トレ8選!辛い腰痛や肩こり・首の痛みに悩む人はトレーニングで正しい姿勢を作ろう

4.体幹トレーニング「レッグレイズ」

フォームローラーの使い方4つ目は、腹筋や背筋などの体幹を鍛えるトレーニングです

床で行う筋トレメニューをフォームローラーの上で行うことで、体幹部に負荷をかけながらバランス力の向上が期待できます。

体幹部を鍛えてバランス力が高まれば、スポーツのパフォーマンスやトレーニングの質を向上させることができますよ。

今回は、フォームローラーを使った「レッグレイズ」のやり方を紹介します。

レッグレイズのやり方
  1. 背骨に沿って、フォームローラーを背中の中心に当てる
  2. 両手でバランスを取りながら、足を地面から浮かせる
  3. 足を地面と垂直になるところまで上げる
  4. 地面スレスレのところまで、足をゆっくり下ろす
  5. 15回を1セットとして、3セット行う
レッグレイズのやり方
  • 動作はゆっくり行う
  • 腹筋の下腹部を意識する

【参考】誰でもできるシックスパックの作り方とは

【シックスパックの作り方】トレーナーが教える最短で腹筋を割るトレーニング方法【シックスパックの作り方】トレーナーが教える最速で腹筋を割るトレーニング方法

まとめ

フォームローラーを使うメリットや選び方をはじめ、おすすめのフォームローラーを紹介しました。

フォームローラーを購入する際には、電動の有無や機能性を基準に選んでくださいね。

フォームローラーを使って身体を最高な状態に保ち、本来の力が常に発揮できるように準備しておきましょう。

もう一度おすすめを見たい方は、「おすすめのフォームローラー8選」をご覧ください。

【参考】肩こりにお悩みの方は以下の記事を参考に

肩こりは「ストレッチ&筋トレ」で解消!肩甲骨周りを動かしてスマホ首や慢性的な肩こりを改善しよう【動画付き】肩こりを解消する簡単ストレッチ&筋トレ9選!肩甲骨周りを動かしてスマホ首や慢性的な肩こりを改善しよう

【参考】自宅で使えるバランスボールのおすすめ総まとめ

バランスボールのおすすめ10選!3つの筋トレメニューも合わせて紹介

コメントを残す