『uFit完全栄養食』はこちら

1週間で痩せる!?脂肪燃焼スープダイエットのやり方やルールを管理栄養士がわかりやすく解説!

1週間で痩せる!?脂肪燃焼スープダイエットのやり方やルールをわかりやすく解説!

ダイエットをされている人であれば、「脂肪燃焼スープ」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

よくおすすめされていますが『なぜ痩せるのか』ちゃんと理由があるんです!!

今回は、現役の管理栄養士が、

  • 脂肪燃焼スープダイエットで痩せる理由
  • 脂肪燃焼スープのメリット/デメリット
  • 脂肪燃焼スープの作り方/やり方
  • 脂肪燃焼スープダイエットのコツと注意点

について解説します。

やり方を間違えると、かなり極端なダイエットとなり体に負担をかけてしまいますので、この記事を参考に正しい方法で行うようにしてください。

この記事を書いた人
磯村望
管理栄養士

高度急性期病院で管理栄養士としてレジデントプログラム終了後、京都大学大学院にて代謝・栄養学について研究中。研究の傍、糖尿病クリニックで栄養指導を行いつつWEBライターとして活動。uFitでは食事/栄養に関する記事を執筆しています。

脂肪燃焼スープダイエットとは?なんで痩せるの??

脂肪燃焼スープダイエットとは?なんで痩せるの??

脂肪燃焼スープダイエットとは、脂肪燃焼スープを中心とした食生活を7日間行うダイエット方法

一般的な食事制限を行うダイエットと違い、毎食しっかり食べられるので、満足感を感じながら痩せることができます

また、脂肪燃焼スープは元々、肥満患者が減量して安全に外科の手術を受けられるように作られたメニューで、高度の肥満患者の場合3〜27%も体重を落とすことがあります。

かなり低エネルギーな食事であるため、高い減量効果を期待することができますよ

しかし、確実に痩せることができる一方で、デメリットがあるのも事実。

まずは、脂肪燃焼スープダイエットのメリット・デメリットを把握して、ダイエットとして取り入れるか検討してみてください

脂肪燃焼スープダイエットのメリット

脂肪燃焼スープダイエットのメリット

脂肪燃焼スープダイエットでは、ダイエットに嬉しい様々な効果が期待されます

まずは、脂肪燃焼スープのメリットをみていきましょう!

1.脂肪燃焼効果が期待できる

最大のメリットは脂肪燃焼効果が期待できること。

私たちのからだは普段、お米や麺類などの炭水化物から分解したブドウ糖を吸収してエネルギーを作っていますが、炭水化物を極端に制限されると、脂肪を分解してエネルギーに変えるようになります

炭水化物が制限されている脂肪燃焼スープダイエットでは、からだが脂肪を分解してエネルギーに変えるようになるため、短期間でも効率的に脂肪を燃やすことが可能です!

2.デトックス効果が期待できる

脂肪燃焼スープダイエットでは、たくさんの野菜を食べることができるため、食物繊維を多く摂ることができます。

食物繊維は腸内細菌の餌となり、腸内環境を整える役割があるので、便秘の解消やデトックス効果が期待できますよ!

3.免疫力が向上する

先ほども説明したように、食物繊維を多く摂ることで腸内環境が改善されます。

腸内環境が改善されると、美肌やお通じへの効果だけでなく、生活習慣病の予防や免疫力の向上も期待されます

また、野菜には抗酸化作用のあるビタミン類が多く含まれており、免疫力の向上に関係しています。

このように、脂肪燃焼スープは免疫力を向上させてくれるので、比較的健康にダイエットすることができますよ!

脂肪燃焼スープダイエットにデメリットはないの?

脂肪燃焼スープダイエットにデメリットはないの?

短期間で痩せることができ、デトックス効果や免疫力の向上も期待できる脂肪燃焼スープですが、デメリットもあります。

以下で紹介するデメリットを読んだうえで、チャレンジするかどうか検討してみてください。

1.好きなものを食べられない

繰り返しになりますが、脂肪燃焼スープダイエットは糖質と脂質を制限し、体内の脂肪分解を誘発する(脂質代謝に傾ける)ことで脂肪燃焼効果を得ることのできるダイエット方法

途中でお菓子やご飯などを食べてしまうと、それらに含まれる糖質が優先的にエネルギーとして使われるため、脂肪が分解されにくくなってしまいます

期待しているダイエット効果を得るためにも、1週間きちんとやり遂げることが大切です。

2.アルコール類は摂取できない

脂肪燃焼スープダイエット期間中はアルコールの摂取もNG!

アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールの代謝を行う際に筋肉のアミノ酸が使われるため、筋肉が分解されやすくなってしまいます

また、筋肉が分解されると基礎代謝が落ちやすくなり、痩せにくくなるといったデメリットも

脂肪燃焼スープダイエット自体、最初の数日間はタンパク質も摂取できないため、筋肉を維持しにくい内容になっています。

なるべく筋肉量を維持しながら行うためにも、ダイエット期間中はアルコールの摂取を控えるようにしましょう。

また、脂肪燃焼スープダイエットを始める際は、アルコールを完全に抜くために開始する前日から禁酒をしてください

【参考】アルコールが筋トレに与える影響とは?

アルコールが筋トレに与える影響って?管理栄養士が筋トレ中の上手なお酒との付き合い方を解説アルコールが筋トレに与える影響って?管理栄養士が筋トレ中の上手なお酒との付き合い方を解説

3.砂糖や清涼飲料水を摂取できない

繰り返しになりますが、脂肪燃焼スープダイエットは1週間を通して糖質を極端に制限することで、短期間で脂質代謝を誘発しています。

砂糖が大量に入っている甘い物を摂取すると、糖質が優先的にエネルギーとして使われるため、脂肪が分解されにくくなります

脂肪燃焼効果を最大限引き出すために、砂糖の摂取は控えましょう。

また、厳しく糖質制限をしている際に清涼飲料水で一気に糖質を摂取すると、血糖値が急激に上昇し、インスリンが過剰に分泌されます

インスリンには脂肪を合成する作用もあるので、過剰な分泌を避けるために清涼飲料水の摂取もできません。

参考:e-ヘルスネット

4.調理方法が制限される

脂肪燃焼スープダイエットは、超低エネルギーであることに意味があります。

油を使用すると一気にカロリーが増えてしまうため、基本的に使用できません。そのため、調理方法が限られてきます。

焼き物は素焼きか蒸し焼き、茹でるようにし、野菜など生で食べる場合はノンオイルのドレッシングやポン酢で食べるようにしましょう。

脂肪燃焼スープの作り方

脂肪燃焼スープ

※写真はイメージです。

ここからは脂肪燃焼スープの作り方を紹介します。

実際にやってみようという方は参考にしてみてください。

材料

■玉ねぎ・・・1個
■ブロッコリー・・・1房
■人参・・・1本
■セロリ・・・1本
■キャベツ・・・半玉
■ホールトマト缶・・・1缶
■チキンスープの素・・・1個

作り方

1.ブロッコリーは食べやすい大きさに切り、その他の野菜は微塵切りにする。
2.全ての野菜とトマト缶、チキンスープの素を鍋に入れ、野菜が全て浸かるまで水を加えて煮る。
3.お好みの柔らかさで火を止めたら、塩胡椒で味を整えて完成。

毎日食べるので、カレーパウダーやチリパウダー、チーズなどでアレンジして飽きないようにしましょう

【1週間】脂肪燃焼スープダイエットのやり方

【1週間】脂肪燃焼スープダイエットのやり方

禁止事項を守り、脂肪燃焼スープ+αを毎日食べるだけで痩せることができます。

1日3食、ルールを守ってなるべく規則的に食べましょう。

◆禁止事項

  1. アルコールは飲まない(開始する前の日から)
  2. 清涼飲料水は飲まない(カロリーゼロも含む)
  3. 甘味料は使わない
  4. 小麦粉や片栗粉を使ったものは食べない
  5. 飲み物は基本的にお茶か水、その他ブラックコーヒー、スキムミルク(無脂肪)は可
  6. 調理に油は使わない

DAY1:果物(バナナ以外)+脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープと合わせて果物を食べましょう。

ただし、果物を食べすぎるとエネルギーが体内に蓄積されやすくなるため、あくまでも脂肪燃焼スープを中心に食べるようにしてください。

水分は水でしっかり摂りましょう。

DAY2:野菜+脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープに追加して、野菜を食べましょう。

この日は果物は食べないでください。

食べ方は生でも、加熱してもどちらでも構いません。ただし、油は使わないようにしてください

1日頑張ったご褒美として、夕食に少量の芋を追加しても良いです。その場合は、少量のバターを使うこともできます。

DAY3:果物+野菜+脂肪燃焼スープ

DAY1とDAY2の組み合わせです。スープと果物、野菜を食べましょう。

芋類は禁止です。コーンなども食べてはいけません。

DAY4:バナナ+脂肪燃焼スープ

バナナ3本と無脂肪のミルク500mLを摂ってください。

スープは好きなだけ食べて大丈夫です

糖質制限を継続していると甘いものへの欲求が出てきます、バナナを食べることにより、甘いものへの欲求が抑えやすくなります。

DAY5:肉+トマト+脂肪燃焼スープ

350~700gの牛肉(赤身)または鶏胸肉、魚を食べましょう

組み合わせて食べても大丈夫です。

トマトは最大で6個食べましょう。スープに加えて食べても良いです。

DAY6:牛肉+野菜+脂肪燃焼スープ

DAY5のトマトを好きな野菜にして食べてください。芋やコーンは厳禁です。

DAY7:玄米+野菜+脂肪燃焼スープ

玄米と野菜をスープと一緒に食べましょう。

7日間を通してスープは1食につき1杯は食べるようにしてください

脂肪燃焼スープダイエットの注意点とコツ

脂肪燃焼スープダイエットの注意点とコツ

脂肪燃焼スープダイエット方法にはいくつかの注意点とコツがあります。

これらを意識して行うことで、より高いダイエット効果が得られますよ!

1.腹八分目を心がけよう!

腹八分目で食べ終わる習慣をつけましょう。

1週間継続することにより、腹八分目で満足できるようになり、ダイエット終了後も食べすぎを防ぐことができます

また、ゆっくり噛んで食べることも食べすぎの防止に繋がるのでおすすめです。

2.水分を意識して摂取する

野菜やスープの汁を摂取しているので、便秘にはなりにくいと思いますが、水分を意識して摂取するようにしてください

空腹感を紛らわすことができます。

3.終わった後に食べ過ぎないで!

ダイエット終了後に食べすぎてしまうと、せっかく1週間で落とした体重がすぐに元に戻ってしまいます。

このダイエット方法では、体重を落とすことは簡単ですが、終了後に維持することが重要です。

リバウンドの原因となる暴飲暴食は避けましょう

4.1週間終わった後はタンパク質を適量摂取しよう!

脂肪燃焼スープダイエットでは、タンパク質の摂取量が少なくなっていると説明しました。

落とした体重を維持するためには、基礎代謝を高め、食事量を徐々に元に戻しても太らない体作りが必要です。

脂肪燃焼スープダイエット終了後はタンパク質を意識して摂取し、筋トレなどの運動を合わせて行うことで基礎代謝量を向上させましょう。

【参考】手軽にタンパク質をとれるプロテインも活用しよう

プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較トレーナーが選ぶプロテインのおすすめランキング!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

【参考】自宅でできるダイエットに効果的なトレーニングを紹介!

室内でできる有酸素運動!器具なしダイエットで効果的に痩せよう室内でできる有酸素運動!器具なし自宅ダイエットで効果的に痩せよう(マンションOK)
完全栄養食を活用しよう!

1食あたり198kcalとカロリーを抑えつつ、必要な栄養をとることができる「uFit完全栄養食(完全栄養プロテイン)」を活用しましょう。

 

タンパク質も12g以上入っているので、脂肪燃焼スープダイエット終了後の食事としておすすめですよ

まとめ

1週間で確実に痩せることのできる脂肪燃焼スープダイエット。メリットも多いですが、デメリットもあります。

全てをきちんと理解した上で、ルールを守って正確に行ってください

また、スープダイエット終了後も体型キープするためにメンテナンスを行いましょう。

【参考】サラダチキンがダイエットの効果的な理由とは?

サラダチキンがダイエットや筋トレに効果的に理由とは?管理栄養士がカンタン組み合わせレシピも合わせて紹介!サラダチキンがダイエットや筋トレに効果的な理由とは?管理栄養士がカンタン組み合わせレシピも合わせて紹介!

【参考】管理栄養士がダイエットの効果的な飲み物を紹介

ダイエット 飲み物ダイエットにおすすめの飲み物を管理栄養士が厳選!減量中に避けるべき飲み物の見分け方も紹介

【参考】ダイエットの効果的なmctオイルとは?

mctオイル効果ダイエットに効果的なmctオイルとは?管理栄養士が効果や使い方、副作用について徹底解説

コメントを残す