【現役トレーナーが推薦!】マッサージボールのおすすめ6選!気になる効果や使い方も徹底解説

【現役トレーナーが推薦!】マッサージボールのおすすめ6選!気になる効果や使い方も徹底解説

今すぐにおすすめを見る!
おすすめのマッサージボール6選

フォームローラーと並んで人気の筋膜リリースアイテム「マッサージボール」

「色や形がさまざまでどれを購入したらいいのかわからない...」と思っていませんか?

そこで今回はおすすめのマッサージボール6選をはじめ、使い方や効果を徹底的に解説していきます!

【お知らせ】uFitからマッサージボール発売中

重さわずか19gで最軽量!EVA素材使用で絶妙な硬さが筋肉の最深部までほぐしてくれます。

この記事を書いた人

林ケイスケ

uFit代表トレーナー

Youtubeチャンネル登録20万越え。自重トレーニングのメニューをはじめ、筋トレやダイエットの知識について執筆。フィットネスを通じて健康に目を向けてもらえるようトレーニング動画や記事を発信しています。

そもそもマッサージボールとは?

少し前までは、テニスボールやラクロスなど競技に使用するボールを使って、筋膜リリースを行うことが主でした。

最近では筋膜リリース用のマッサージボールが普及し始め、スポーツ用品店や生活雑貨店、インターネットなど様々なところで購入できます。

マッサージボールを使えば、自宅で簡単に筋膜リリースやマッサージを行うことができ、全身のコリやむくみを解消できます。

しかし、マッサージボールは使い方や種類によってはかなり強刺激になるので、やり方や選び方に注意が必要です。

・筋膜リリースとは?

身体中には全身をつなぐ筋膜と呼ばれる組織があります。筋膜は姿勢を保ったり、歩いたり走ったりする筋肉の動きを連動させるために、非常に重要な役割を担っています。

日常生活の中で筋膜がねじれたり、よじれたりしてしまったところを、ほぐして元に戻してあげることで筋肉を正常な状態に戻します。

それを筋膜リリースといいます。本来の筋力を取り戻したり、血行の不順が招く身体の不調を改善することができるのです。

自分に合ったマッサージボールの選び方

マッサージボールを調べているとさまざまな種類があり、どれを選んでいいのか分からなくなってしまいますよね。

ここでは、自分に合ったマッサージボールを選ぶためのポイントを3つ紹介します。

商品によって、形状や使い心地が異なるので、自分の目的に合ったものを選びましょう。

・マッサージボールを選ぶポイント
  1. 形状で選ぶ
  2. 硬さで選ぶ
  3. 大きさで選ぶ

1.形状で選ぶ

マッサージボール 形状で選ぶ おすすめ

マッサージボールの形状は、大きく分けて球体とピーナッツ型があります。

それぞれ用途や使用感が変わってくるので、両方購入しておくことがおすすめです!

・球体タイプ

>>ピンポイントでほぐしたい箇所を狙える
>>筋肉の奥深くまで圧を加えることができる

・ピーナッツ型タイプ

>>大きな筋肉
>>首や背骨を包み込むようにほぐせる

2.硬さで選ぶ

2.硬さで選ぶ

ネットなどで注文するときは、硬さが確認ができないので要注意です。

硬いものほど刺激が強くなるので、目的や体質によって使い分けることをおすすめします。

柔らかいものでも十分な刺激が伝わるので、初めてマッサージボールを購入される方は、柔らかめの製品を選ぶようにしましょう

3.大きさで選ぶ

3.大きさで選ぶ

マッサージボールを選ぶときは大きさも検討しましょう。

小さいものを選ぶメリットとして、サイズが大きいものやフォームローラーではほぐすことのできない箇所をピンポイントで狙うことができます。

反対に、大きいサイズを選ぶメリットは、広範囲を一気にほぐすことができるので、太ももや腰全体を効率よくほぐすことができます。

自分の目的に合ったサイズを選びましょう!

おすすめの球体型マッサージボール3選

【お知らせ】uFitからマッサージボール発売中!

本体はEVA素材を使用しているため、しっかりとした硬さと表面に絶妙な弾力があるので、筋肉の最深部までほぐすことができます。

重さわずか19gと今回ご紹介するマッサージボールの中でも最軽量。

180日間の返品保証付きなので安心してご購入ください!

1.トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール おすすめ

マッサージボールといえば「トリガーポイント(TRIGGERPOINT)」

芯にABS樹脂を内蔵し、表面をEVA素材で覆われているのでクッション性もあり絶妙な硬さになっています。

サイズと硬さそれぞれ2種類ずつ販売しているので、好みのマッサージボールを選ぶことができます。

少々値段は高くなりますが頑丈で品質も高く、初めて購入される方で失敗したくないという方にはオススメの製品です。

商品名 トリガーポイント(TRIGGERPOINT)
価格 2,530円
サイズ 直径:6.5cm 重さ:22g
素材
ABS樹脂のコア,EVA素材
グリーン

2.MARINESS マッサージダンベルボール

.MARINESS マッサージダンベルボール

「MARINESS 」のマッサージダンベルボールはフィットネス系YouTuberとして活躍するMarina Takewakiさんが開発した商品です。

ペットボトル程度の重さがあるので、解したい箇所に程よく圧をかけることができますし、ダンベルとしても使用することができます。

「デザインも可愛い!」と女性から人気の商品となっており、色も全4種あるので自分の好きなデザインを選ぶことができるのも特徴です

YouTubeにご本人が実際に使用している動画もアップしているので、一緒に取り組むことができますよ!

商品名 MARINESS マッサージダンベルボール
価格 2,490円
サイズ 直径6.5cm 500g
素材 シリコン樹脂/鉄
ピンク/パープル/ライトブルー/グレー

3.アディダス(adidas) マッサージボール

アディダス(adidas) マッサージボール おすすめ

アスリートから人気の「アディダス(adidas) マッサージボール」

芯にはコルク素材を使用して表面はラバーになっています。使ってみると結構、硬い製品なので強くゴリゴリと刺激したい!という方におすすめです

大きさも8.3cmと少しだけ大きめなので、初めての人にはおすすめできません。2つ目のマッサージボールとして硬めや大きめの製品の購入を検討している方にはいいかもしれません!

メンタリストのDaiGoさんもやる気を高めるために愛用していますよ。

商品名 アディダス(adidas) マッサージボール
価格 2,310円
サイズ 直径8.3cm 135g
素材
コルク、PU
ブラック

おすすめのピーナッツ型マッサージボール3選

1.La-VIE(ラヴィ) かたお

La-VIE(ラヴィ) かたお グリーン

バリエーションの豊富さが特徴の「La-VIE(ラヴィ)」のかたお。

硬式野球のボールくらいの硬さで、寝転んでほぐしたい箇所に当てておくだけでも気持ちいいです。

お値段も手頃なので複数の硬さを購入して部位別に使用することもおすすめです!

La-VIE(ラヴィ)には他に硬さのバリエーションがたくさんあるので、好みのものを選んでみましょう。

商品名 La-VIE(ラヴィ) かたお
価格 822円
サイズ 球一個の直径6.5cm 全体14cm 240g
素材 ノンフタル酸仕様PVC
グリーン/パープル

2.トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MBシリーズ

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MBシリーズ おすすめ

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) MBシリーズのピーナッツ型バージョンです。

ふたつのボールの間隔が調整可能なので、背骨や首の後ろなど場所によって適切な幅に設定することができます。

品質も他社の製品と比べてクオリティが高いので文句のつけどころはありません。

しかし、口コミではボールをつなげているバーが外れたり壊れやすいとの意見もありましたので、体重が重めの人は別の商品がおすすめです。

 

商品名 トリガーポイント(TRIGGERPOINT) マッサージボール MBシリーズ
価格 3,850円
サイズ 球一個の直径6.5cm 全体14cm 240g
素材 EVA ナイロンバー
グリーン

3.DAISO(ダイソー) ストレッチツインボール

ダイソー ストレッチボール おすすめ 写真

ダイソーのマッサージボールの特徴は、なんといっても価格が安いこと。

素材がけっこう硬いので、表面上に強めの刺激がほしい方にはオススメです!

弾力性はほぼ無く、強く当てるとイボイボが痛いので筋肉の奥までほぐすことは難しいです。

個人的にそれほど高い効果は期待できませんでしたが、イボイボの刺激は確かに気持ちいいです。

商品名 DAISO(ダイソー) ストレッチツインボール 
価格 220円
サイズ 球一個分の直径7cm 全体長さ16cm
素材 塩化ビニル樹脂
ピンク

マッサージボールの使い方【動画付き】

ここからは、マッサージボールの使い方を動画付きで解説していきます

マッサージボールを購入したけど使い方が分からないという方は、参考にしてくださいね。

1.頑固な肩こりに効く使い方

マッサージボールで肩こりに効く使い方

  • 仰向けになりマッサージボールを背中の下に入れる
  • 肩甲骨周りや首周りで転がす

マッサージボールで肩こりに効かせるコツ

  • 呼吸は止めずに深呼吸しながら行う
  • 筋肉をほぐしていく意識で行う

マッサージボールの使い方1つ目は、頑固な首や肩のこりをほぐす使用方法です。

長時間のデスクワークや、スマホを見る時間が長いと首や肩の筋肉が固まってしまい血液の流れを悪くしてしまいます。

その結果、老廃物が蓄積され痛みなどを引き起こすこともあります。マッサージボールで筋膜リリースを行って、血流を改善することで、首や肩のこりを緩和することができます

2.腰痛に効くお尻をほぐす使い方

マッサージボールを腰痛に効かせる使い方

  • マッサージボールをお尻の下に置く
  • 片膝を曲げて片方のお尻に圧がかかるようにする
  • お尻を左右交互にかたむけてほぐしていく
  • 反対側のお尻も同様に行う

マッサージボールでお尻をほぐすコツ

  • 痛みがある場合は無理しない程度でOK
  • 片方ずつやった方が筋肉をほぐしやすい

マッサージボールの使い方2つ目は腰をに効くお尻の筋膜リリースの方法です。

腰痛を改善するためには、お尻をほぐすことが重要です。

お尻の筋肉が固くなると「歩く」や「立ち上がる」などの動作で腰に大きな負担がかかってしまうため腰痛を引き起こします。

腰痛にお悩みの方は痛みの原因となるお尻をしっかりほぐしてあげましょう。

マッサージボールでお尻の筋膜リリースをすると、お尻痩せやたるみ改善にも効果的です。

3.脚やせ効果アリの下半身をほぐす使い方

マッサージボールで下半身をほぐす使い方

  • 足を伸ばして座り、ふくらはぎの下にマッサージボールを入れる
  • 両手で身体を支えながらボールを転がす

マッサージボールで下半身をほぐすコツ

  • 下半身の筋肉をいろいろな角度から転がしてほぐす
  • 固いところを圧迫したまま動かなくてもOK

マッサージボールの使い方3つ目は、下半身をほぐして脚やせ効果を発揮させる方法です。

下半身の筋肉をほぐすことによって、むくみを解消しスッキリとした美しい脚を作ることができますよ。

マッサージボールの使用上の注意

1.過度に痛い場合は使用を注視する

痛みを伴うほどの、過度な強さで刺激し続けてしまうと、筋肉が緊張して固まってしまい逆効果になってしまう恐れがあります。

「気持ちいい」から「痛気持ちいい」と感じられる程度で行うようにしましょう。

2.長時間やらない

ほぐしたい部位は30秒〜60秒を目安に行うようにしましょう。

あまりにも、長時間行ってしまうと筋肉を傷つけてしまう可能性もあります。

筋肉が傷つけてしまうと痛みによる刺激で硬くなってしまう恐れがあるので注意して行いましょう。

3.毎日やらない

毎日やってしまうと、やりすぎで筋肉を傷つけてしまう恐れがあります

逆効果になってしまう可能性があるのでおすすめできません。

2〜3日に一度のペースで行うのが良いですよ!

まとめ

今回はおすすめのマッサージボール6選を紹介しました!

あわせて、マッサージボールの使い方とその効果を解説したので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

マッサージボールを使って身体のメンテナンスを行い、毎日体を最高な状態にしていきましょう!

【参考】フォームローラーのおすすめはこちら!

【参考】電動フォームローラーでもっと筋膜リリース

【参考】自宅筋トレにおすすめのトレーニング器具20選!